杵築市立山香病院

外科胃腸科

外科胃腸科

特徴

当科で診療している主な疾患

当科では、主に、胃がん・大腸がん・肝がん・胆嚢がん・膵がん・乳がんなどの悪性疾患、逆流性食道炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆石症・胆嚢炎・膵炎・虫垂炎・腸炎などの腹部の良性疾患、さらに、鼠径ヘルニア(脱腸)・痔肛門疾患などの診療を行っています。

当科で施行している手術

当科で主に施行している手術は、胃がん、大腸がん、胆石症、鼠径ヘルニア(脱腸)、虫垂炎などですが、他に腸閉塞、消化管穿孔、痔疾患などの手術も行っております。特に、胆石症や鼠径ヘルニア(脱腸)においては、腹腔鏡を使用し、創の小さな低侵襲手術を行っています。また、症例によっては、胃がん、大腸がんなどの悪性疾患においても腹腔鏡下の手術を行っています。腹腔鏡手術の中でもやや難易度が高い手術の場合は、大分大学医学部消化器・小児外科の医師に手術の応援に来ていただき手術を行う場合もあります。当院では施行できないような大きな手術が必要な患者さんには、大分市や別府市などの高次医療機関にご紹介致します。

内視鏡検査・内視鏡治療

当科では、外科手術だけでなく、内視鏡検査、さらには内視鏡治療(内視鏡的大腸ポリープ切除術など)も消化器内科と協力して行っています。最近は、定期的に胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査を受けられる患者さんも増え、早期の癌やポリープの段階で発見され、内視鏡的に切除できるケースが非常に増えています。

がん化学療法

根治手術ができない進行がんの患者さんや根治手術後に再発したがん患者さんに対して、最新の化学療法(抗がん剤治療)を施行しています。外来化学療法室も設置しており、患者さんの病状や全身状態に応じて、外来もしくは入院にて化学療法を行っております。また、副作用対策にも万全を期し、がんと闘う患者さんのQuality of Life(QOL : 生活の質)を考慮した治療を行っています。

緩和治療

がん末期の患者さんに対しては緩和治療を行っています。がんによる痛みや苦しみをできるだけ取り除き、人生最後の時間を有意義に過ごせるようにお手伝いをさせていただいています。
いずれの治療においてもご本人やご家族と十分に話し合った上で(インフォームド・コンセント)、納得して治療を受けていただく方針としておりますので、何か上記の疾患等でお困りの際は、何なりとご相談下さい。

対応疾患

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肝がん
  • 胆嚢がん
  • 膵がん
  • 乳がん
  • 逆流性食道炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胆石症
  • 胆嚢炎
  • 膵炎
  • 虫垂炎
  • 腸炎
  • 鼠径ヘルニア

医師紹介

石尾 哲也

副院長・健診センター長

石尾 哲也

専門分野
外科一般・消化器外科
出身大学
大分医科大学
学会認定等
医学博士
日本外科学会専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医師
地域包括医療・ケア認定医
認定産業医
人間ドック認定医

 

河原 大和

専門分野
消化器外科
出身大学
大分医科大学